気まぐれLinux

なんかLinuxとかその他諸々について書くらしい

YEOMANでWebの大海へ漕ぎ出す

Reactをやりたくなった.

Web界隈(ここではJavaScriptフレームワーク・代替言語界隈)というのは移り変わりが激しく,また似たようなフレームワーク・言語・開発ツールがたくさんあって,開発を始める前にそれらを選択するだけでも大変な労力を強いられそうなので躊躇してしまいがちである(個人の感想).Renderstateの純粋関数にするとか,仮想DOMとかコンポーネントの切り分けとかの話を見てReactをやることに決めたとしても,その他にも決めなければならないこと,調べなければならないことがたくさんありすぎてしばらく躊躇していた(夏休みにならないと時間もないし).

しかしYEOMANというツールを知った.

The web's scaffolding tool for modern webapps | Yeoman

自分でどのツールを使うか決めるのが面倒なら人から押し付けられたものを使えばいい.reactのgeneratorを探すreact-fullstackというのが一番ぽぷらーぽかったのでそれを使う.生成はnpmで必須パッケージをインストールした後

yo react-fullstack

で完了.

SublimeでJSXを編集したいなら,まず

をインストール..jsを開いて View > Syntax > Open all with current extension as.. > Babel > JavaScript (Babel). lintに必要なeslintは npm install -g eslint babel-eslint でインストール.

react-fullstack には .eslintrc もついてくるのでeslintを使っておけばいいってワケ